暮らし音 ~kurashine~

つくる*つながる*つたえる   尾道の島から 暮らしのひとつぶのシェアリング



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
季節と暮らしを彩るワークショップ 野遊びの会 :: 2013/03/20(Wed)

13637043633021.jpg

追記あり3/25


春の日差しが温かさを増し、草木のつぼみや新芽が萌え出る季節となりました。
野原に生える野草の若々しい緑がまぶしく見えます。

春の野草が持つ苦みには、冬の間に体内に溜まった老廃物を排出する効能があるそうです。
春に苦みのある野草や山菜を食べるのは理にかなっているのですね。

昨年の同じ時期に、京都から来られた先生から野草料理を学ぶ機会がありました。
どこにでも生えている雑草と言われるような草たちが、実はすごいパワーを秘めていることを知り、
昨年はせっせと摘んでは食卓へ。
体が浄化されるような春の特別な料理でした。

野草が持つそれぞれの効能は古くから伝えられてきたものです。
その先人の叡智をわいわいみんなでシェアしたい。
そんな気持ちもあり、この度、ゆるりずむ向島さんの緑豊かな敷地を使わせていただき、
暮らし音×ゆるりずむ向島 コラボ企画として
野遊びの会 ~野草を楽しもう~ を企画しました。

ゆるりずむ向島さんは、せとうちの自然の中で、自然体験プログラムを実施する団体です。
ゆるりずむ向島さんが時間と労力をかけて少しずつ切り開いてきた森は、
鳥のさえずりや木々のざわめきが聞こえる、とても気持ちの良い場所。
その素敵な場所をお借りしての野草の会です。


13637045949575.jpg


童心に帰って野原にしゃがみこんで野草を摘む。
そしてちょっと珍しくもおいしいお料理を作る。
自然の中で緑の空気をおもいっきり吸ったり、鳥や木々の声を聞いたり、
自然の感覚を使って野草の恵みを楽しみましょう。
今回はマクロビオティックやアーユルヴェーダ、自然農など、
自然に寄り添い、オーガニックな生き方を実践している人を取材してこられた、
ライターの橋本京子さんにお話しを聞かせていただく予定です。


13637043443660.jpg



野遊びの会 ~野草を楽しもう~

日時
3月31日(日) 9:30~14:00 (受付9:15より)

場所
尾道市向島 「ゆるりずむ向島」さんの山 (場所は個別にお知らせいたします)

募集人数 
家族5~6組 15名程度

会費
大人 1500円 こども(4歳児以上)500円 (食材費・施設使用費・その他雑費)

内容
山に入って野草を摘み、みなさんで調理しましょう。天ぷらや汁物、おひたしなど。
時計ストーブで棒焼きパンも体験できます。
お料理はみなさんでシェア。色々お話しもできると良いですね。
自然の中で鳥の声や木々のささやきにも耳を澄ませてみましょう。
のんびり鳥の声を聞く会も。
また、ライターの橋本京子さんにもお話しを伺います。

自然の中での体験は、冬の間眠っていた感覚を呼び起こしてくれることでしょう。
お子さんたちも自然のままの雑木林や竹林で思う存分遊べると良いですね。
                           
持ち物
軍手、ビニール袋数枚、各自おにぎり、飲み物
マイ箸・マイ食器持参にご協力お願いいたします。

おにぎりを焼けるようにしますので、のりのついていないおにぎりがおすすめです。
草木の多い場所ですので、長袖長ズボンなどの服装でお越しください。
歩きやすく整備された敷地ですが、凹凸や坂道がございます。
お子様の安全にご配慮ください。


お申込み
左のメールフォームもしくは下記メールアドレスに以下の内容を記載してお申込みください。
お名前・連絡先アドレスと電話番号・お住まいの地域(道案内に必要なため)・お子さん同伴の有無と同伴されるお子さんの年齢・人数

kurashine*gmail.com(*を@に変えて送信してください)



****これからの予定****
3月22日(金)  ちいさなひとへの手仕事の会(シルクの遊び布を染めよう)
3月31日(日) 季節と暮らしのWS(野遊びの会・野草を楽しもう)

13637043871902.jpg

木々たちも芽吹く準備をしています。



  1. 季節と暮らしを彩るワークショップの会
  2. | trackback:0

トラックバック

トラックバック URL
http://kurashine.blog.fc2.com/tb.php/24-637e1b69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。