暮らし音 ~kurashine~

つくる*つながる*つたえる   尾道の島から 暮らしのひとつぶのシェアリング



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
暮らしの座談会 :: 2013/07/14(Sun)

13737283230931.jpg

6月の暮らしの座談会のおやつです。
季節の桑の実を使ったパウンドケーキと豆腐クリーム。
桑の実からは本当にキレイな紫色をいただくことができます。

参加者の方の抹茶マフィンの差し入れも加わり、
色鮮やかなおやつになりました。
差し入れありがとうございます♪

今回は家事にまつわる暮らしのことをこってりと。
実用的でためになるお話しを沢山聞くことができました。

毎回、違う話題で盛り上がり
和やかな時間を過ごしています。


次回座談会の予定です。
若干余裕がありますのでご希望ありましたら
お問い合わせくださいね。




暮らしの座談会

日時 7月17日(水)10時~12時

場所 向島の個人宅

お茶代 300円(お茶と小さなおやつ付)

定員 4名様まで

持ち物 ノート 筆記用具 ご自身の暮らしのことのお話

お子様向けのおもちゃのご用意はありますが
保育のご用意はありませんのでご了承ください。



お申込み
左のメールフォームもしくは下記メールアドレスにお問い合わせください。
kurashine*gmail.com(*を@に変えて送信してください)


**********

これからの予定

8月はお休みいたします。





スポンサーサイト
  1. 暮らしの座談会
  2. | trackback:0
季節と暮らしを彩るワークショップの会 :: 2013/07/04(Thu)

梅雨の雨の恵みを受けて、
庭のハーブたちもモリモリと育っています。
まるで大地のエネルギーを表しているかのよう。
フレッシュバーブティを作ろうと、ミントやセージを摘みますが
摘んだだけでさわやかな香りに包まれ、幸せな瞬間に出会うことができます。

料理や自然療法、癒しなど、昔から生活とともに身近にあるハーブ。
実はヨモギやどくだみも日本のハーブです。
ふだんの暮らしに気軽に取り入れて、活用していきたいものですね。

前回大好評でしたゆきさんのお花のワークショップ
今回はそのハーブを題材に
ブーケバージョンにてやっていただくことになりました。



13726862914431.jpg

『ハーブのエディブル・ブーケづくり』

花が長持ちしにくい暑い夏に、さわやかなグリーンのハーブブーケをつくってみましょう。
ブーケの組み方とラッピングも学ぶことができます。
キッチンに生けて楽しみながら料理に使ったり、さりげない贈り物にも。
ブーケを作る間は、ハーブの香りに包まれてリフレッシュのひとときをお過ごしくださいね。


日時 7月9日(火) 午前10時~12時

場所 向島 個人宅 「暮らし音の会」
       
講習費 1400円 (材料費込)
    ハーブティーとちいさなおやつ付

講師  中村由紀さん

持ち物 もしあれば、花切ばさみ。
    はさみはこちらでも数本用意しますのでシェアしてお使いください。
    

定員 6名様 (定員になりました。キャンセル待ちはお問い合わせください)

エディブルとは、「食べられる」という意味です。
華やかでかわいらしいお花も素敵ですが
食べられるブーケが食卓にあったら楽しいですね。
お料理の持ち寄りと一緒にエディブルブーケのプレゼントも素敵です。

13726841188970.jpg   13726841915223.jpg 
 
写真はイメージです。花材は変わる場合があります。


お子様向けのおもちゃのご用意はありますが
保育のご用意はありませんのでご了承ください。
お子様連れ同士でお互いに保育していただくのもよいですね。

お申込み
ブログ画面右のメールフォームもしくは下記メールアドレスに以下の内容を記載してお申込みください。
お名前・連絡先アドレスか電話番号・お住まいの地域(道案内に必要なため)
・お子さん同伴の有無と同伴のお子さんの年齢

kurashine*gmail.com(*を@に変えて送信してください)


中村由紀さんプロフィール

20代後半、いけばなのお稽古をきっかけに、花屋を夢見て勤めを辞め渡仏。
2ヶ月間パリにてRyu kubota氏のレッスンを受けるかたわら、パリ市内の花屋巡り、世界最大の花市場であるオランダ・アールスメールの市場などを訪ねる。

その後、埼玉、東京の花屋へ約5年勤務。
天職に出会ったとばかりにまい進する一方で、花農家さんが身体を壊すほどの農薬や石油暖房のハウス栽培にフト疑問が生まれる。

昨年、3.11の震災と原発事故をきっかけに夫婦で東京から尾道へ移住。
非電化な暮らしや畑など、ひとつずつ自給できることを増やしている日々。
花屋に並ぶ花とは違った、野の花の強さとやさしさに惹かれ、野山の素材でリース作りをはじめる。
無農薬のバラを栽培するのが夢。

13726862061890.jpg



  1. 季節と暮らしを彩るワークショップの会
  2. | trackback:0
初夏の野の花のあしらい :: 2013/07/04(Thu)

ゆきさんのお花の会。
『初夏の野の花のあしらい』

13728628288450.jpg

暮らし音の会が一日だけお花屋さんのようになりました。
すべて、我が家の庭や、知人の庭、近隣の野原で集めたお花と草たちです。




13728635023701.jpg


ゆきさんの指導のもと
お花をバランスよく生けるコツを教えていただきます。
みなさんご自宅から素敵な器をお持ちくださいました。


13728633794410.jpg



みなさんの作品の数々。
とても素敵♪

13728645070380.jpg 13728629704288.jpg 13728629168364.jpg 13728629291905.jpg
13728629047293.jpg 13728628917112.jpg 13728630643792.jpg



いっせいに並べてみると、
まるで生け花の展覧会のよう!
さりげない生け方から、華やかな生け方まで。
同じ花材であっても、器とお花の選び方でこれだけバリエーションがあるのですね。

 13728629581877.jpg 13728629440676.jpg 


そしておやつを食べながら
ゆきさんからお花の切り方や手入れ方法などのレクチャー。
知っているようで知らなかったお花の世界です。
生けたお花も眺めながら、ゆったりとおしゃべりにも花が咲きます^^


13728630496911.jpg


本日のちいさなおやつは
いちごとブルーベリーの豆腐ムース。
それから、参加者の方が差し入れくださったチャイクッキーでした。


13728630334710.jpg


ワークショップをすると毎回思いますが
お互いの作品を見るのがとても参考になります。
野の花をこんな風に暮らしに取り入れることができたら
暮らしも楽しくなりますね。
お花との暮らしを提案してくださったゆきさん、
そして参加者のみなさん、ありがとうございました。


13728630841150.jpg








13728659428390.jpg


参加者の方がご自宅で生けてくださったお写真です。
のびやかな野の花が生かされていて、とても素敵です。





  1. 季節と暮らしを彩るワークショップの会
  2. | trackback:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。