暮らし音 ~kurashine~

つくる*つながる*つたえる   尾道の島から 暮らしのひとつぶのシェアリング



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
季節と暮らしを彩るワークショップの会 :: 2013/05/24(Fri)

季節と暮らしを彩るワークショップの会
~初夏の野の花のあしらい~


13694024011510.jpg



春先から初夏に向かって草の勢いも増してきました。
次から次へと咲く小さな野の花に心癒されます。

こどもが幼いころ、野の花を見れば手に摘み取り、
黄色やピンク、色とりどりの花にみどりの草たっぷりのミニブーケ。
「はい!」
と手渡してくれたものです。

花瓶に生けるにはちょっと丈が足りなくて、小さなコップやコショウの小瓶に(笑)
ちょこっと(どさっと 笑)生けては楽しんでいました。
わざわざ花屋さんでお花を買わなくても、お庭や、身近なところに素敵な花がたくさんあるのですよね。

今回は尾道でナチュラルな暮らし方を自ら実践していらっしゃる素敵な女性
中村由紀さんをお招きして、
身近にある野の花をかわいらしく、また、華やかに
素敵に生けるポイントをレクチャーしていただきます。

道端や野原に花たちがひっそりと咲いています。
その小さな命をすこおしおすそわけいただいて
おうちにある器でさりげなく飾ることができたら素敵ですね。



『初夏の野の花のあしらい』


日時 6月5日(水) 午前10時~12時

場所 向島 個人宅 「暮らし音の会」
       
講習費 1200円 (材料費込)
    ハーブティーとちいさなおやつ付

講師  中村由紀さん

持ち物 生けたい器(空き瓶、空き缶、灰皿、ジョウロ、かごなど何でも)
    選びかねる場合はこちらで用意したものを使っていただくことも可能ですので、
    申込みの際に貸出希望とお知らせください。
    もしあれば、花切ばさみ。
    はさみはこちらでも数本用意しますのでシェアしてお使いください。
    

定員 6名様

生けたい器と、どこに置きたいか(玄関、リビング、洗面所etc)を
イメージして生けていただく予定ですので、
使いたいと思われる器があればそれをお持ちください。
花材はこちらで用意し、水揚げしておきますので、その中からお好きな素材を選んでいただきます。
小さな花から大きく伸びやかなつる草など色々な花材を使ってみましょう。


13694020016471.jpg   13694020141732.jpg

イメージ写真は5月の草花なので、6月はまた草花の種類がかわっていきます。


お子様向けのおもちゃのご用意はありますが
保育のご用意はありませんのでご了承ください。
お子様連れ同士でお互いに保育していただくのもよいですね。


お申込み
ブログ画面右のメールフォームもしくは下記メールアドレスに以下の内容を記載してお申込みください。
お名前・連絡先アドレスか電話番号・お住まいの地域(道案内に必要なため)・お子さん同伴の有無と同伴のお子さんの年齢


kurashine*gmail.com(*を@に変えて送信してください)



中村由紀さんプロフィール

20代後半、いけばなのお稽古をきっかけに、花屋を夢見て勤めを辞め渡仏。
2ヶ月間パリにてRyu kubota氏のレッスンを受けるかたわら、パリ市内の花屋巡り、世界最大の花市場であるオランダ・アールスメールの市場などを訪ねる。

その後、埼玉、東京の花屋へ約5年勤務。
天職に出会ったとばかりにまい進する一方で、花農家さんが身体を壊すほどの農薬や石油暖房のハウス栽培にフト疑問が生まれる。

昨年、3.11の震災と原発事故をきっかけに夫婦で東京から尾道へ移住。
非電化な暮らしや畑など、ひとつずつ自給できることを増やしている日々。
花屋に並ぶ花とは違った、野の花の強さとやさしさに惹かれ、野山の素材でリース作りをはじめる。
無農薬のバラを栽培するのが夢。

13694018334860.jpg



****これからの予定****

6月10日(月)  暮らしの座談会
6月17日(日) ちいさなひとへの手仕事の会(羊毛ボール)
7月(予定)   季節と暮らしを彩るワークショップの会 (エコナプ作り)

ご希望がございましたらお問い合わせください。


スポンサーサイト
  1. 季節と暮らしを彩るワークショップの会
  2. | trackback:0
裏 野草の会 :: 2013/05/23(Thu)

裏 野草の会

実は裏 野草の会もありました。笑

会の後は
「お好きな時間まで遊んでくださいね。」
そうゆるりずむさんに言っていただき、残った方々と一緒に
思う存分遊ばせてもらってきたのです。

このたんぽぽの根、どこまで長いの?
掘ってみたらこんなに!
たんぽぽ珈琲作ってみたいね。

13692356481512.jpg


みんなでとったときには、見つからなかったのに
こんなに大株ののびるをこどもたちが掘ってきました。
まるで犬のよう 笑

13692356984544.jpg


こどもは竹を自由に組んで遊び場作り。

13692357253555.jpg


大人は大地に寝そべってアースします 笑

13692353638171.jpg




13692353247950.jpg

虫の視線はこんな感じ?




13692357792956.jpg

大人だって、木に登ります。



こちらのゆるりずむ向島さんの山
冒険遊び場のように開放するべく、準備中だそうです。
大人も童心に帰って遊べますね。
草木の香りと、鳥のさえずり、さわやかな風が気持ちの良い場所。
楽しみです。



****これからの予定****

6月5日(水) 季節と暮らしのWS(初夏の野の花のあしらい)
6月10日(月) 暮らしの座談会
6月18日(火) ちいさなひとへの手仕事の会(羊毛ボール)

  1. 季節と暮らしを彩るワークショップの会
  2. | trackback:0
野遊びの会 ~野草を楽しもう~ :: 2013/05/23(Thu)

すっかり日にちがあいてしまいましたが、
3月にゆるりずむ向島さんとコラボしました、
野遊びの会 ~野草を楽しもう~
の報告です。

13692369389385.jpg

多くの親子さんが集まり、
まずは草摘みから。
大事なことは、知っている野草を食べること。
間違って毒草を食べては大変ですからね。
ヨモギ、カラスノエンドウ、たんぽぽ、のびるなど摘んでいきます。
やわらかいところ、おいしそうなところを丁寧に。

13692368621670.jpg

13692369204754.jpg


小一時間つんだあとは、お料理。
アクの強い野草を食べるための下処理、醤油洗いの方法や
カリッとあげられる天ぷらのコツなども。
シンプルな素材だけに、オイルやお塩はおいしく安全なものをこだわりました。

13692355712940.jpg

13692354861982.jpg

メニュー

ヨモギ、ノビル、たんぽぽの花、カラスノエンドウの天ぷらとハコベ塩
ハコベの磯部合え、ごまあえ
カラスノエンドウのお浸し、アーモンドあえ
ヨモギジェノベーゼのペンネ
干しつくし(賛否両論ですが、スルメのような味わい)
米ぬかとカラスのエンドウのふりかけ
ノビル味噌(おにぎりにつけて焼いたら絶品!)
野菜とノビルのお味噌汁
ヨモギの棒焼きパン
ヨモギもちレーズンあん添え
笹茶(笹をさっと炙って煮出します)

13692368928382.jpg

13692369576296.jpg

野草には血液を浄化する作用や、カルシウムも含まれていることなどお話ししながら
お料理と食事を楽しみました。
野草にはアクが多く、からだに取り込みすぎるとかえって体によくないので
アクを抜いて食べるのがポイントです。
若杉おばあちゃんのお弟子さんがおっしゃるには
陰性が強い(アク、そして、カリウムが多いということ)ので野草は生で食べず、
必ず火を通して食べることとおっしゃっていました。


13692369008433.jpg

棒焼きパンは直火で。こどもも大人も輪になって炙ります。



お腹も満足したら、
次は京子さんのお話しです。
今まで野草の先生など取材してこられた知識をもとに、
今日食べた野草や、一般的に多くみられる野草の効能などについて詳しく教えていただきました。
食のことだけでなく、化粧水や野草薬もつくれるお話し、とても勉強になります。
おこさんがいるとお話しを聞くのも途切れ途切れになりがちですが
資料まで用意してくださったので、帰宅しても復習することもできました。

13692355954651.jpg

最後はゆるりずむ向島スタッフゆっこちゃんの鳥の声を聞く時間。
「目を閉じると、何種類の鳥の声が聞こえるでしょう?」
私は2種類くらいでしたが 笑
5種類なんて声も。
普段は目を閉じて鳥の声を聞くことなんてないので、とても新鮮でした。
竹林と雑木林にかこまれているので、草木のささやきも優しく聞こえます。

5感をフルに使っての野外の会
私もとても楽しませていただきました。
こどもたちも野原や林でのびのびと遊べましたね。


お茶や入浴にお使いいただければと、おみやげに乾燥ヨモギをお渡ししました。
暮らしに身近な野草をぜひ取り入れてみてくださいね。


場所提供、火の番やこどもたちの見守りまでしてくださった、ゆるりずむ向島さん
豊富な知識を惜しみなくお伝えくださった、京子さん、
サポートスタッフしてくださった友人にもとても感謝です。ありがとうございます。
始めての野外の会で至らない点もあったかとおもいますが、
また野外活動コラボ、させていただきたいと思いました。
みなさん、ご参加ありがとうございました。



13692378782950.jpg

野草たちも伸びて固くなってきましたが、天ぷらだったらまだおいしくいただけますよ。



****これからの予定****

6月5日(水) 季節と暮らしのWS(初夏の野の花のあしらい)
6月10日(月) 暮らしの座談会
6月18日(火) ちいさなひとへの手仕事の会(羊毛ボール)

  1. 季節と暮らしを彩るワークショップの会
  2. | trackback:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。