暮らし音 ~kurashine~

つくる*つながる*つたえる   尾道の島から 暮らしのひとつぶのシェアリング



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
:: 2013/12/14(Sat)

木枯らし吹く本格的な冬になってきました。
忙しくなったこともあり
しばらく暮らし音の活動をお休みしていましたが
このたび
「冬の暮らしの手仕事展」と題して
友人たちとのグループ展を行うことになりました。
私は、少しずつ紡ぎためてきた羊毛の紡ぎ糸や布を草木染で染めたものを少しだけ
置かせてもらおうと思っています。
アクセスの良い駅前ですので、通りがかりにのぞいてみてくださいね。

20131107_550835.jpg


≪fika×ユキハナ×暮らし音 冬のくらしの手仕事展≫
尾道駅前(福屋2階並びの尾道浪漫珈琲となり、ecoライフ館にて
2013年12月14日(土)~2014年1月10日(金)


*************

これからの予定

・冬のくらしの手仕事展 12月14日~1月10日(12月29日~1月4日まで休館)

・ちいさな人たちへの手仕事の会 りんごろうそく作り 12月20日



スポンサーサイト
  1. 未分類
  2. | trackback:0
:: 2013/03/16(Sat)

2月のちいさなひとたちへの手仕事の会は、
ねこのあみぐるみをつくりました。

神社のくちなしで黄色に染めた毛糸です。
他に、桜の枝で染めた、ピンク色の毛糸も用意しました。

13633581596530.jpg

編み棒を握るのは中学生ぶり~!という方や
初めてに近い方も。
私もすごく編み物が得意!というわけではないので、
あたふたしながら編み方をお伝えしました。
頼りないあみものの先生でしたが、みなさんが優秀!笑
すぐに感覚を覚えてどんどん編み進めてゆきます。

13633583542090.jpg

皆さん真剣ですが
雑談にも花は咲きます。
手仕事の輪ってあったかいなぁとあらためて思いました。
あみぐるみが出来あがるのを楽しみにしているのか、
幸いお子さんたちも遊んでくれていました。

13633581834381.jpg

正方形になるように編んで縫い綴じるのですが、ちょっとしたコツで
ねこちゃんの顔になります。
後日談ですが、顔だけのねこちゃんでも、お子さんが「ねこだー!」と喜んでくれたそうです。

13633582095250.jpg

細かいパーツから始めてあとは宿題に。
どの方も時間が足りずにその場では仕上がりませんでしたが
出来上がった写真を送ってくださいました。


13633587056692.jpg 13633586939821.jpg


どの猫ちゃんも、愛嬌があってとてもかわいい。
お母さんの手から生み出された、たった一つのねこちゃんです。
毛糸からねこができるなんて、お子さんからみたら本当にすごいことですよね。
まさに「お母さんの手は魔法の手」(←古いかしら?)です。

とても喜んで、ねこと一緒にお布団に入りました。とか
いくつも作ってお友だちにプレゼント。とか
いつもよりも、もっといいお母さんになれたように思えました。とか

嬉しいお話しをいくつも伺いました。
簡単に作れますから、ぜひお友だちと作り方もシェアして作ってみてくださいね。
次回はシルクの遊び布を染めてみようと思います。

13633582285251.jpg





  1. 未分類
  2. | trackback:0
3.11 :: 2013/03/12(Tue)

3.11 2:46
日本中が祈りに包まれた時間でした。
わたしも海へ。
ふっくらと花開いたミモザのひと枝を海に供えました。

13630479115801.jpg


春の光が優しくなってきましたね。
明日の座談会
トランスパレントスターを折りながら
お話ししてみたいなと、思っています。

先日のイベントの材料がたくさん余っていますので
材料だけでもお分けできます。
お声かけくださいね。

**********

これからの予定

3月13日(水)  暮らしの座談会
3月22日(金) ちいさなひとへの手仕事の会(シルクの遊び布を染めよう)
3月末     野草を楽しむ会を予定


  1. 未分類
  2. | trackback:0
今年もよろしくお願いいたします。 :: 2013/01/15(Tue)

13582600111520.jpg

遅ればせながら、本年もよろしくお願いいたします。

年末年始は帰省していましたが、
尾道へ戻って千光寺さんへお参りし
立花の優しい海の景色に心洗われて
改めて新年のスタートとなりました。

りんごろうそくのWSを逃したら、次にできるのは1年後になってしまう。
そんな風にあわてて年末から始めた会ではありますが、
温かい応援をいただきとても嬉しく思います。
ありがとうございます。

今年もゆっくりゆっくりと日々を紡いでいきたいと思います。
ひだまりの中で手仕事をしながら、みなさんと色んなお話しができたらうれしいです。

皆様の1年が光あふれる1年となりますように。


  1. 未分類
  2. | trackback:0
ろうそくのワークショップ :: 2012/12/23(Sun)

13561931675540.jpg

クリスマスのろうそく作りワークショップにお越しいただいたみなさま
ありがとうございました。
お子さんの体調不良によるキャンセルもありましたが、ほどよい人数で行うことができました。

みつろうシートのろうそくはお好みの大きさにカットし、あっという間にできあがりました。
今回はドライヤーの熱を使い、みつろうを柔らかくしてから使いましたが、
お子さんの手でみつろうをはさみ、さらにおかあさんのあったかい手で包んで体温で柔らかくするのも良いですね。

13561931888131.jpg

りんごは布で磨くとピカピカに光ります。りんご自身から油が出るそうですよ。
今回は友人のお店から、りんごろうそく用サイズの特別なろうそくを取り寄せてみました。
本来ならば、モミの枝を使うところですが、どうしても手に入れることができず、徳島のヒバを使うことにしました。
他にも庭にあった五葉松やラベンダーも。
みなさん木の実を飾ったり、それぞれに素敵なりんごろうそくが仕上がりました。

作業中はこどもたち、あちこちお出かけして、お母さんの気を引こうと一生懸命。
でも、出来上がったりんごろうそくに火を灯したとたんに、
赤ちゃんも幼児さんも炎の光に釘づけになりました。
炎のゆらめきは、大人も子どもも意識を集中させますね。

そして、
はじめて聞いていただくクリスマスのおうたをいくつか。
幼児さんは一緒にうたってくれたり、真似をしてくれたりとちょっと薄暗くした部屋の
ろうそくだけの明るさに、お子さんたちの顔が私には輝いてみえました。
おこさんたちのろうそくを吹き消す姿もかわいらしかったです。

みつろうのかすかな甘い香りで満たされた空間と、
お母さんの優しい歌声の記憶とともに、
柔らかなろうそくの光りが、お母さんとお子さんの心の中に灯ってくださったらと思います。

初めてのワークショップが終わってから
早口すぎたかしらー?とか
あれもお話しすればよかったな。とか
反省ばかりでした。
それでも、あとから、「帰ってからこどもと歌いました」とか
「上の子と一緒にろうそくを作りました」とメッセージをいただき、とても嬉しかったです。
ぜひ楽しんでいただけたらと思います。
何か感想ありましたら、教えてくださいね。

次のワークショップは年が明けてから。
パステル画の体験を考えています。
春先には東京で活躍されている先生を招いての講座も計画していますので、ぜひ体験にいらしてみてください。
詳細はまた改めて。

我が家のアドベントストリングスはあと2つ。
明日は天使。そして明後日には羊毛で出来た、小さな幼子イエスの誕生です。

大切な人たちと、光いっぱいのクリスマスをお迎えください。

13561932021742.jpg




  1. 未分類
  2. | trackback:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。